スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(売上)3DSは過去最高の48万台、マリオ二作品はミリオン達成、Vitaは発売二週目で7万台を販売

マリオカート7


 メディアクリエイトによると、クリスマスの週の3DS週間販売台数は、過去最高の48万2200台だったことが明らかになりました。累計販売台数が400万台を突破するなど、DSを上回る普及スピードとなっています。
 一方、PS Vitaは発売から二週目にして7万2479台へと失速してしまいました。この数字は、PSPの週間販売台数の10万1121台をも下回る厳しい結果となっています。

 ソフト週間販売ランキングでは、「マリオカート7」が26万836本を販売し再びトップに立ちました。また「スーパーマリオ3Dランド」は3位で17万4566本を販売しました。これにより「マリオカート7」と「スーパーマリオ3Dランド」は3DSでは初となるミリオンを同時に達成しました。「モンスターハンター3G」も15万5069本を販売し累計88万5456本でミリオン目前となっています。
 Wiiでは「星のカービィWii」が11万4545本を販売し、ハーフミリオンを達成しています。

 クリスマス週のトップ20にランクインしたタイトル数は、Wiiが9本、3DSが5本、PS3が3本、DSが2本、PSPが1本、Vitaが0本でした。

 年末は例年通り任天堂一色となりました。3DSは今後のタイトルも充実していることから、来年は今年以上に勢いが加速すると思われます。3DSの勢いでWiiUを後押しすることができるかが今後のポイントとなります。
 VItaにとっては、来年は生き残りを懸けた年になります。VitaにはPSPとの互換性が無いため、現状ではPSPがVita普及の障害となっています。Vitaは、次のソフトの発売まで間隔が空いてしまっている上に、その後の発売予定タイトルも少ないという不安材料があります。巻き返すためには、一刻も早く強力なタイトルを投入する必要があるでしょう。 

 任天堂は3DSを見事に成功軌道に乗せることができました。普及することは結果的にはソフトが充実することにもつながるので、来年発売予定のWiiUの成功にも期待したいところですね。

ブログランキングに参加しています
 ポチッとよろしくお願いします!

   

ページトップへ
スポンサーサイト

(売上)3DSは約36万台、Vitaは初週で約32万台を販売





 
 メディアクリエイトによると、SCEより12月17日に発売されたPS Vitaの初週での販売台数は、32万4859台だったことが明らかになりました。なお、この週での3DSの販売台数は36万7691台でした。

 Vitaの初週での販売台数は数字としてはまずまずですが、出荷台数が潤沢だったことやロンチタイトルが20本以上あったこと、クリスマス時期の発売だったことなどを考えると厳しいスタートと言えるかもしれません。発売初週であったにもかかわらず3DSの販売台数を下回ってしまったことから、何か手を打たなければ本格的に普及させることは難しいと思われます。

 先週のソフト週間販売ランキングは、1位はPS3の「ファイナルファンタジーXIII-2」で初週で52万4217本を販売しました。FFブランドはさすがに強いですね。

 2位から5位までは3DSタイトルで、2位が「モンスターハンター3G」で20万8427本を販売して累計73万386本、3位は「マリオカート7」で18万2418本を販売して累計78万9871本、4位が「イナズマイレブンGO シャイン/ダーク」で初週で13万5259本、5位が「スーパーマリオ3Dランド」で11万2533本を販売して累計83万7143本となりました。

 なお、Vitaのタイトルは7位に「みんなのGOLF6」、8位に「アンチャーテッド 地図なき冒険の始まり」がランクインしました。

 今週はいよいよクリスマスの週です。3DSがヒットを続けるのか、あるいは二週目以降Vitaが巻き返すのか、今後の動きにも注目していきたいと思います。

ブログランキングに参加しています
 ポチッとよろしくお願いします!

   

ページトップへ

(売上)「モンスターハンター3G」ハーフミリオン達成! ランキング1位から3位を3DSタイトルが独占

モンスターハンター3G


 メディアクリエイトによると、カプコンより12月10日に発売された3DSソフト「モンスターハンター3G」の初週での販売本数は、52万1959本だったことが明らかになりました。先週の売上ランキングでは、見事1位を獲得しています。

 その他、3DSソフトでは「マリオカート7」が2位で18万3834本を販売して累計60万7453本、「スーパーマリオ3Dランド」が3位で8万9743本を販売して累計72万4611本となりました。
 3DS本体も好調で35万321台を販売しています。この数字は、3DSの発売週に次ぐ二番目に多い記録です。3DS本体の販売累計も300万台を突破し、DSと同水準の普及スピードとなっています。

 Wiiソフトでは「星のカービィWii」が4万4570本を販売して累計32万7487本、「JUST DANCE Wii」が3万935本を販売して累計27万9272本、「ポケパーク2 ~Beyond the World~」が3万512本を販売して累計12万189本、「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」が1万9947本を販売して累計24万7116本、「マリオ&ソニック AT ロンドンオリンピック」が3万222本を販売しました。
 Wii本体も好調で4万6018台を販売しています。

 トップ20以内に任天堂ハードのソフトが15本ランクインするなど、いよいよ年末らしい動きになってきました。本日はSCEより、Vita本体とともに20本のタイトルがリリースされます。今週から来週にかけてゲーム市場は最大の盛り上がりを見せるので、次回のランキングにも注目したいと思います。
 
ブログランキングに参加しています
 ポチッとよろしくお願いします!

   

ページトップへ

(売上)「ゼルダの伝説スカイウォードソード」初週で約20万本

zelda25th_03_1920_1200.jpg

 
 メディアクリエイトによると、任天堂より11月23日に発売されたWiiソフト「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」の初週での販売本数は、19万4978本だったことが明らかになりました。先週の売上ランキングでは、見事1位を獲得しています。

 「ゼルダの伝説 スカイウォードソードはゼルダの伝説生誕25周年記念作品として発売されました。私も、現在約10時間ほどプレイしたので、少しだけ感想を書いておきます。

 物語は騎士団学校に通うリンクが、進級するために受ける試験「鳥乗りの儀」に参加するところから始まります。ここではリンクやゼルダ、学校の仲間との人間関係をイベントを通じて知ることができます。個性豊かな登場キャラクターとの会話は非常にセンスがあり、見ているだけで面白いです。

 物語を進めていくと地上に降り立つことができ、多くの魔物と対峙することになります。本作の特徴であるWiiモーションプラスを使った操作は、手首のひねりやリモコンの角度を感知するため、慣れるまでは難しいです。敵の構えにより縦切り、横切り、突きを使い分けなければ、逆にカウンター攻撃を受けてしまいます。始めからハート6つで始まりますが、油断しているとあっという間にゲームオーバーになってしまいます。

 物語の世界観はいつもより明るめです。天空、地上ともに夢があり、神秘的な空気に包まれています。また、「トワイライトプリンセス」や「ムジュラの仮面」に登場した変身アクションなどは今作にはなく、純粋にゼルダの世界を堪能できます。ただし、地形は複雑で作り込まれており、方向音痴な私は迷うことがしばしばありました。また、一つ目のダンジョンまでクリアしましたが、ダンジョン内の謎解きはヒントが少なく、はじめの仕掛けから考え込んでしまいました。

 私の総評としては、世界観が素晴らしく、非常に新鮮な気持ちで楽しむことができました。難易度は前作より高めですが、頑張ればできる程度の丁度良さです。今作は、ゼルダ好きの方だけではなく、すべての人にお勧めできる内容です。ぜひ、興味のある方はやってみてください。

ブログランキングに参加しています
 ポチッとよろしくお願いします!

   

ページトップへ

(売上)「スーパーマリオ3Dランド」初週34万本と好調なスタート!

スーパーマリオ マリオ&ヨッシーぬいぐるみ


 メディアクリエイトによると、任天堂より11月3日に発売された3DSソフト「スーパーマリオ3Dランド」の初週での販売本数は、34万3492本だったことが明らかになりました。先週の売上ランキングでは、見事1位を獲得しています。
 
 なお、最近発売された3Dマリオ作品の初週販売本数は、Wii「スーパーマリオギャラクシー」が約25万本、Wii「スーパーマリオギャラクシー2」が約34万本でした。したがって、今回のマリオは非常に好調なスタートであり、クリスマスも近いことから100万本を突破することはほぼ確実でしょう。

 その他、Wiiソフトでは「星のカービィWii 」(任天堂)が5万5779本を販売して累計19万2589本、「GO VACATION」(バンダイナムコゲームス)が1万6995本を販売して累計8万9463本、「みんなのリズム天国」が8561本を販売して累計53万5523本、ウイニングイレブン プレーメーカー2012 (コナミ)が1万4117本を販売しました。3DSソフトでは、「スライムもりもりドラゴンクエスト3 大海賊としっぽ団 」(スクウェア・エニックス)が初週で3万8859本を販売しています。

 3DS本体も、新色「アイスホワイト」の効果もあり、14万5271台と非常に好調な売れ行きを見せています。

ブログランキングに参加しています
 ポチッとよろしくお願いします!

   

ページトップへ

(売上)「星のカービィWii」初週で約14万本

カービィ マスコット ホバリング


 メディアクリエイトによると、任天堂より10月27日に発売されたWiiソフト「星のカービィWii」の初週での販売本数は、13万6811本だったことが明らかになりました。先週の売上ランキングでは2位にランクインしています。
 「星のカービィ」最新作としては、少し物足りない気もしますが、クリスマスに向けて今後売上を伸ばすと思います。おそらく、最終的には100万本近くに達するのではないでしょうか。

 その他、Wiiソフトでは「JUST DANCE Wii」(任天堂)が2万7832本を販売して累計16万3451本、「GO VACATION」(バンダイナムコゲームス)が2万5259本を販売して累計7万2468本、「みんなのリズム天国」が9531本を販売して累計52万5943本になりました。

 3DSソフトはトップ20の中に1タイトルもラインクインしなかったものの、本体は6万5041台と好調に推移しています。今週は新色アイスホワイトや「スーパーマリオ3Dランド」も発売されたので、次回の発表にも注目していきたい思います。

ブログランキングに参加しています
 ポチッとよろしくお願いします!

   

ページトップへ

(売上)「JUST DANCE Wii」初週で約9万本を販売

 

JUST DANCE Wii


 メディアクリエイトによると、先週のゲームソフト販売ランキングは、「JUST DANCE Wii」が2位で9万39本を販売しました。

 その他、Wii関連では「みんなのリズム天国」(任天堂)が1万3202本を販売して累計50万5315本、「ドラゴンクエスト25周年記念 ファミコン&スーパーファミコン ドラゴンクエストI・II・III」(スクウェア・エニックス)が1万2987本を販売して累計36万2797本、「ファミリーフィッシング」(バンダイナムコゲームス)が7433本を販売して累計6万5307本になりました。Wii本体は1万2161本を販売しました。

 3DS関連では、「ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D」が7239本を販売し、累計41万5362本になりました。3DS本体の販売台数は5万5025台です。DSでは「あつめて!カービィ」9,540本販売し、累計25万8,361本としています。

 Wiiソフト「みんなのリズム天国」がついに累計50万本を突破しました。今年発売されたWiiソフトでハーフミリオンを達成したのは今回が初めてです。「JUST DANCE Wii」は日本でダンスゲームが受け入れられるかという点で注目されていましたが、好調なスタートを切りました。また、3DSも値下げ以降は驚異的な粘りを見せており、11月以降のビッグタイトル投入により今後さらに勢いが増すと思われます。


ブログランキングに参加しています
 ポチッとよろしくお願いします!

   

ページトップへ

(売上)「ドラゴンクエストⅠⅡⅢ」約26万本と好調なスタート




ドラゴンクエストソフビモンスター ドラゴンクエスト25周年記念バージョン (スライム)



 メディアクリエイトによると、先週のゲームソフト週間販売ランキングは、やはり「ドラゴンクエストⅠⅡⅢ」が一位で26万3398本でした。二位は「テイルズ オブ エクシリア」の4万7297本で、累計57万2902本を売り上げました。



 そのほか、任天堂関連では「みんなのリズム天国」が1万4647本を販売し累計45万2560本、「あつめてカービィー」が1万888本を販売し累計21万9156本、「ゼルダの伝説 時のオカリナ3D」が1万504本を販売し累計38万138本となっています。3DSも5万8837台を販売しました。
 
 「ドラクエⅠⅡⅢ」は、予想通りの好調なスタートを切りましたね。3DSも任天堂カンファレンスの「モンハン4」の発表などで勢いを取り戻しました。「テイルズ オブ エクシリア」は前週に比べると勢いは落ちたものの、60万本は突破する見込みです。今月は「ダークソウル」や「ICO/ワンダと巨像」など、今後もPS3の注目作がまだまだ続くので楽しみですね。

ブログランキングに参加しています
 ポチッとよろしくお願いします!

    



ページトップへ

(売上)「テイルズ オブ エクシリア」が50万本越え、「バイオハザード リバイバルセレクション」は約10万本

 先週の週間ソフト売上1位は、525,605本を売り上げたPS3の「テイルズ・オブ・エクシリア」でした。発売初日だけで、50万本以上出荷するなど、好調なスタートとなりました。本作は、シリーズ生誕15周年記念作品として制作され、ストーリー面やバトルシステムが非常に高い評価を受けています。現時点で、今年発売されたソフトの中で、最高売上を記録しています。

 続いて2位が、93,768本の「バイオハザード リバイバルセレクション」です。こちらは、「バイオハザード4」と「コードベロニカ」を2本セットでHDリメイクした作品です。

 任天堂関連では、Wiiの「みんなのリズム天国」が15,600本、DSの「あつめてカービィ」が11,240本、3DSの「ゼルダの伝説 時のオカリナ3D」が9,240本、「スーパーポケモンスクランブル」が7,974本と引き続き好調に推移しています。「あつめてカービィ」は累計20万本を突破しました。3DS本体は、49,076台と値下げ以降初めて2位に後退してしまいました。

 PS3の大型タイトル投入により、5000円の値下げ効果が顕著に表れる結果となりました。また、3DSは11月まではソフト不足が続きそうな状況なので、今が正念場と言えるでしょう。

テイルズ オブ エクシリア (初回特典:「15th Anniversaryプロダクトコード」&「PS3カスタムテーマ(全10種)プロダクトコード」同梱)


バイオハザード リバイバルセレクション(「BIOHAZARD archives 特別版」プロダクトコード同梱)


みんなのリズム天国


ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D




ブログランキングに参加しています
  ポチッとよろしくお願いします!

    

ページトップへ
ブログランキング
ランキングに参加しています。 押してもらえると嬉しいです!
プロフィール

かじゅまる

Author:かじゅまる
ゲーム歴15年の大学生です。任天堂のゲーム情報を中心に記事にしています。ブロとも、相互リンク大歓迎です!

ブログの更新は週1回ぐらいです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめゲームソフト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。