スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(売上)3DSは過去最高の48万台、マリオ二作品はミリオン達成、Vitaは発売二週目で7万台を販売

マリオカート7


 メディアクリエイトによると、クリスマスの週の3DS週間販売台数は、過去最高の48万2200台だったことが明らかになりました。累計販売台数が400万台を突破するなど、DSを上回る普及スピードとなっています。
 一方、PS Vitaは発売から二週目にして7万2479台へと失速してしまいました。この数字は、PSPの週間販売台数の10万1121台をも下回る厳しい結果となっています。

 ソフト週間販売ランキングでは、「マリオカート7」が26万836本を販売し再びトップに立ちました。また「スーパーマリオ3Dランド」は3位で17万4566本を販売しました。これにより「マリオカート7」と「スーパーマリオ3Dランド」は3DSでは初となるミリオンを同時に達成しました。「モンスターハンター3G」も15万5069本を販売し累計88万5456本でミリオン目前となっています。
 Wiiでは「星のカービィWii」が11万4545本を販売し、ハーフミリオンを達成しています。

 クリスマス週のトップ20にランクインしたタイトル数は、Wiiが9本、3DSが5本、PS3が3本、DSが2本、PSPが1本、Vitaが0本でした。

 年末は例年通り任天堂一色となりました。3DSは今後のタイトルも充実していることから、来年は今年以上に勢いが加速すると思われます。3DSの勢いでWiiUを後押しすることができるかが今後のポイントとなります。
 VItaにとっては、来年は生き残りを懸けた年になります。VitaにはPSPとの互換性が無いため、現状ではPSPがVita普及の障害となっています。Vitaは、次のソフトの発売まで間隔が空いてしまっている上に、その後の発売予定タイトルも少ないという不安材料があります。巻き返すためには、一刻も早く強力なタイトルを投入する必要があるでしょう。 

 任天堂は3DSを見事に成功軌道に乗せることができました。普及することは結果的にはソフトが充実することにもつながるので、来年発売予定のWiiUの成功にも期待したいところですね。

ブログランキングに参加しています
 ポチッとよろしくお願いします!

   

ページトップへ
スポンサーサイト

2012年発売の3DSソフト(ソフトメーカー編)

 現時点で発表されている2012年発売の3DSソフトの中から、注目ソフトを紹介したいと思います。
 前回は任天堂発売のソフトについて紹介したので、今回はそれ以外のソフトメーカーの作品を紹介したいと思います。


・エースコンバット3D クロスランブル(バンダイナムコ:1月12日)
・ラビリンスの彼方(コナミ:1月19日)
・リズム怪盗R 皇帝ナポレオンの遺産(セガ:1月19日)
・バイオハザード リベレーションズ(カプコン:1月26日)
・NEWラブプラス(コナミ:2月14日)
・シアトリズム ファイナルファンタジー(スクエニ:2月16日)
・鉄拳3D プライムエディション(バンダイナムコ:2月16日)
・牧場物語 はじまりの大地(マーベラスAQL:2月23日)
・メタルギアソリッド3D スネークイーター(コナミ:3月9日)
・初音ミク and Future Stars Project mirai(セガ:3月9日)
・真・三國無双 VS(コーエーテクモゲームス:3月15日)
・キングダム ハーツ 3D(スクエニ:3月)
・ルーンファクトリー4(マーベラスAQL:春)
・ブレイブリーデフォルト(スクエニ)
・ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド(スクエニ)
・ファンタジーライフ(レベルファイブ)
・レイトン教授VS逆転裁判(レベルファイブ)


 来年は1月から3月までは非常に充実したラインナップになっています。その後も、「ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D」など、注目作が控えています。
 また、発売日未定のソフトとして「モンスターハンター4」が3DS向けに制作されています。もしかしたら来年の年末頃には発売されるかもしれません。
 来年は任天堂をはじめ、サードパーティーのソフトも充実してくるので、3DSには大きな期待が持てると思います。

DQM1.jpg KH1.jpg MG1.jpg BIO1.jpg

ブログランキングに参加しています
 ポチッとよろしくお願いします!

   

ページトップへ

2012年発売の3DSソフト(任天堂編)

 現時点で発表されている2012年発売の3DSソフトを紹介したいと思います。今回は任天堂発売のソフトについてです。

・心霊カメラ 憑いてる手帳(1月12日)
・マリオ&ソニック ロンドンオリンピック(3月1日)
・新・光神話 パルテナの鏡(3月22日)
・ファイアーエムブレム 覚醒(4月19日)
・ガールズモード新作
・ペーパーマリオ新作
・カルチョビット新作
・カルドセプト新作
・どうぶつの森新作
・マリオテニス新作
・ルイージマンション2

 来年は今年以上にソフトが充実していますね。任天堂発売のソフトだけでもすでに10タイトル以上が発表されています。特に、大人気ソフト「どうぶつの森」の発売時期には注目です。
 おそらく、これら以外にもポケモン関連のソフトなども発売されると思います。来年はとても楽しみな年になりそうですね。

 なお、発売日未定のソフトとして「トモダチコレクション」や「大乱闘スマッシュブラザーズ」の新作なども開発中とのことです。
 任天堂以外のソフトメーカーについては、次回以降に紹介したいと思います。

Dmori1.jpg Ptena1.jpg Lman1.jpg Pmari1.jpg FE1.jpg

ブログランキングに参加しています
 ポチッとよろしくお願いします!

   

ページトップへ

(売上)3DSは約36万台、Vitaは初週で約32万台を販売





 
 メディアクリエイトによると、SCEより12月17日に発売されたPS Vitaの初週での販売台数は、32万4859台だったことが明らかになりました。なお、この週での3DSの販売台数は36万7691台でした。

 Vitaの初週での販売台数は数字としてはまずまずですが、出荷台数が潤沢だったことやロンチタイトルが20本以上あったこと、クリスマス時期の発売だったことなどを考えると厳しいスタートと言えるかもしれません。発売初週であったにもかかわらず3DSの販売台数を下回ってしまったことから、何か手を打たなければ本格的に普及させることは難しいと思われます。

 先週のソフト週間販売ランキングは、1位はPS3の「ファイナルファンタジーXIII-2」で初週で52万4217本を販売しました。FFブランドはさすがに強いですね。

 2位から5位までは3DSタイトルで、2位が「モンスターハンター3G」で20万8427本を販売して累計73万386本、3位は「マリオカート7」で18万2418本を販売して累計78万9871本、4位が「イナズマイレブンGO シャイン/ダーク」で初週で13万5259本、5位が「スーパーマリオ3Dランド」で11万2533本を販売して累計83万7143本となりました。

 なお、Vitaのタイトルは7位に「みんなのGOLF6」、8位に「アンチャーテッド 地図なき冒険の始まり」がランクインしました。

 今週はいよいよクリスマスの週です。3DSがヒットを続けるのか、あるいは二週目以降Vitaが巻き返すのか、今後の動きにも注目していきたいと思います。

ブログランキングに参加しています
 ポチッとよろしくお願いします!

   

ページトップへ

「マリオパーティ9」と「新・光神話 パルテナの鏡」   海外では来年3月発売予定!

   MP92.jpg
     MP91.jpg
 
 今年6月開催のE3で発表されていたWiiソフト「マリオパーティ9」と3DSソフト「新・光神話 パルテナの鏡」が、北米で来年3月に発売されることが決定しました。
 
 北米任天堂が発表した来年春商戦期の発売リストによると、「マリオパーティ9」が3月11日、「新・光神話 パルテナの鏡」が3月23日に発売予定となっています。なお「マリオパーティー9」に関しては、欧州でも3月発売予定となっています。

 「マリオパーティ」シリーズは、スゴロク式のボードマップとミニゲームが合体した、最大4人で遊べるパーティゲームです。非常に人気の高いシリーズで、家族や友達と集まって遊ぶと盛り上がる定番ゲームとなっています。
 私も「マリオパーティ」シリーズは大好きで、過去作すべてを持っています。かつては「マリパ」欲しさにゲームキューブ本体を買った経験もあります。「マリパ8」の発売から長い間音沙汰がなかったので心配していたのですが、今回の発表はファンにとっては嬉しいですね。

 
 「新・光神話 パルテナの鏡」は25年前に発売された「光神話 パルテナの鏡」の続編に当たる作品です。ジャンルは、アクション寄りのシューティングゲームで、美しいグラフィックで描かれた天空を舞台に主人公ピットが活躍します。

 今回の発表はあくまで北米のラインナップなので、国内では多少前後する可能性はありますが、だいたい同時期の発売だと予想されます。

PRTN1.jpg PRTN2.jpg

ブログランキングに参加しています
 ポチッとよろしくお願いします!

   

ページトップへ

(売上)「モンスターハンター3G」ハーフミリオン達成! ランキング1位から3位を3DSタイトルが独占

モンスターハンター3G


 メディアクリエイトによると、カプコンより12月10日に発売された3DSソフト「モンスターハンター3G」の初週での販売本数は、52万1959本だったことが明らかになりました。先週の売上ランキングでは、見事1位を獲得しています。

 その他、3DSソフトでは「マリオカート7」が2位で18万3834本を販売して累計60万7453本、「スーパーマリオ3Dランド」が3位で8万9743本を販売して累計72万4611本となりました。
 3DS本体も好調で35万321台を販売しています。この数字は、3DSの発売週に次ぐ二番目に多い記録です。3DS本体の販売累計も300万台を突破し、DSと同水準の普及スピードとなっています。

 Wiiソフトでは「星のカービィWii」が4万4570本を販売して累計32万7487本、「JUST DANCE Wii」が3万935本を販売して累計27万9272本、「ポケパーク2 ~Beyond the World~」が3万512本を販売して累計12万189本、「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」が1万9947本を販売して累計24万7116本、「マリオ&ソニック AT ロンドンオリンピック」が3万222本を販売しました。
 Wii本体も好調で4万6018台を販売しています。

 トップ20以内に任天堂ハードのソフトが15本ランクインするなど、いよいよ年末らしい動きになってきました。本日はSCEより、Vita本体とともに20本のタイトルがリリースされます。今週から来週にかけてゲーム市場は最大の盛り上がりを見せるので、次回のランキングにも注目したいと思います。
 
ブログランキングに参加しています
 ポチッとよろしくお願いします!

   

ページトップへ

「アンバサダープログラム」GBAソフト10本を明日より配信開始!

    GBA.jpg

 
 任天堂は、「ニンテンドー3DS アンバサダー・プログラム」向けゲームボーイアドバンスソフト10本の配信を12月16日より実施すると発表しました。

 「アンバサダープログラム」は、3DSを8月11日の値下げより前に購入した人を対象に、3DS向けバーチャルコンソールとしてファミコン用ソフトを10本、ゲームボーイアドバンス用ソフトを10本、計20本が無償提供されるサービスです。なお、ファミコンソフトの配信は9月1日より、すでに行われています。

 配信されるゲームボーイアドバンス用ソフト10タイトルのラインナップは以下の通りです。

◦F-ZERO FOR GAMEBOY ADVANCE
◦スーパーマリオアドバンス3
◦ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし
◦ファイアーエムブレム 聖魔の光石
◦星のカービィ 鏡の大迷宮
◦マリオカートアドバンス
◦マリオvs.ドンキーコング
◦メイドインワリオ
◦メトロイド フュージョン
◦ワリオランドアドバンス ヨーキのお宝

 なお、ゲームボーイアドバンスソフト10本はアンバサダー・プログラム限定となっており、今後も一般向けに販売される予定はありません。

 私も、3DSを本体値下げ前に購入したので失敗したと思っていたのですが、これだけの補償が行われれば十分だと思います。配信されるタイトルも、任天堂の大ヒット作品ばかりとなっています。特に「スーパーマリオアドバンス3」「ファイアーエムブレム 聖魔の光石」「星のカービィ 鏡の大迷宮」の配信は、ファンとして嬉しく感じます。
 
 このサービスで満足できるかどうかは人それぞれだと思いますが、値下げによる補償が行われること自体が異例のことなので、十分に良心的な対応と言えるでしょう。

ブログランキングに参加しています
 ポチッとよろしくお願いします!

   

ページトップへ

「モンスターハンター3G」発売初日から圧倒的な人気!

モンスターハンター3G


 昨日発売されえた3DSソフト「モンスターハンター3G」は、発売初日から好調で、完売店が相次いでいるとのことです。とある店舗では、開店前から200人近くの行列ができるなどの盛り上がりを見せているようです。

 本作は、Wiiソフトとして発売された「モンスターハンター3」に新たな武器やクエスト、新モンスターなどを追加した強化版です。メインモンスターは"砕竜 ブラキディオス"だそうです。また、今作での最大の特徴は、狩りの舞台に水中戦があることです。

 現段階での評判も高く、グラフィック、内容ともに非常に良くできた作品だそうです。私は「モンハン」シリーズでは、Wiiの「モンハン3」のみプレイしたことがありますが、操作の難しさや難易度の高さから、序盤で挫折した経験があります。ですが、この人気の高さを見ていると、また挑戦したくなってきてしまいました。
 
 現在、各店舗では品薄状態のため、手に入れるのが困難な状態ですが、来週にも再出荷があるようなので欲しい方はこまめにチェックしてみてください。私も、今度こそは挫折しないように頑張ってみたいと思います。

1MH.jpg 2MH.jpg 3MH.jpg MH3G.jpg

ブログランキングに参加しています
 ポチッとよろしくお願いします!

   

ページトップへ

(売上)「マリオカート7」初週で約42万本

マリオカート7


 メディアクリエイトによると、任天堂より12月1日に発売された3DSソフト「マリオカート7」の初週での販売本数は、42万3619本だったことが明らかになりました。先週の売上ランキングでは、見事1位を獲得しています。

 この数字は、DSソフトとして発売された「マリオカートDS」の約2倍であり、非常に好調なスタートと言えます。「マリオカートDS」は最終的に約400万本を売り上げるロングセラー商品となりました。なので、今作もクリスマスに向け、今後さらに売上を伸ばすと予想されます。

 その他、3DSソフトでは「スーパーマリオ3Dランド」が7万3907本を販売して累計63万4868本となりました。

 Wiiソフトでは「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」が3万2191本を販売して累計22万7169本、「星のカービィWii 」が2万7352本を販売して累計28万2917本、「いただきストリートWii」が2万7640本を販売しています。

 なお、3DS本体は20万5962台を販売し、3DSとしては過去二番目に高い売上台数の週となりました。さらに今週は3DSソフト「モンハン3G」も発売されるので、クリスマスに向けいよいよ3DSに勢いが増すと思われます。

ブログランキングに参加しています
 ポチッとよろしくお願いします!

   

ページトップへ

「牧場物語 はじまりの大地」2012年2月23日発売決定!

 マーベラスAQLは、3DS新作ソフト「牧場物語 はじまりの大地」を2012年2月23日発売することを発表しました。ジャンルはほのぼの生活ゲーム、プレイ人数は1人、価格は5040円です。

 本作では、自宅を自由につくることができる他、畑や建物の場所をアレンジして自分だけの牧場づくりを行うことが可能となっています。さらに、シリーズ初のキャラメイク機能や段々畑の登場など、新要素が豊富に盛り込まれています。詳細は不明ですが、最大4人までの通信プレイにも対応しているとのことです。
 また、先着購入特典として「牧場物語15周年記念 アルパカさん立体ストラップ」が用意されているそうです。

 すでに公式サイトもオープンしており、スクリーンショットなども公開されているので、興味のある方はぜひご覧ください。

bokuj2.jpg bokuj4.jpg bokuj3.jpg bokuj1.jpg

ブログランキングに参加しています
 ポチッとよろしくお願いします!

   

ページトップへ

→「牧場物語 はじまりの大地」公式サイト

ゼルダの伝説25周年記念デザインの3DS本体、本日発売!

     zeruda3DS2.jpg


 ゼルダの伝説25周年記念デザインの3DS本体「ニンテンドー3DS ゼルダの伝説25周年エディション」が、本日より任天堂オンラインにて販売開始となりました。

 この3DS本体は、ゼルダの伝説25周年記念キャンペーンとして、他の3DSと同様の1万5000円で数量限定で販売されます。「ゼルダの伝説」シリーズに登場する「ハイラルの紋章」がデザインされており、ボタンの表示や部品の一部も金色に装飾されています。

 すでに注文が殺到しているようで、任天堂オンラインでは回線混雑により一時ページの表示が困難な状態になっていました。現在、ページは表示できますが"在庫切れ準備中"となっています。
 数量限定商品ですので、この本体が欲しい方はこまめにチェックしてみることをおススメします。

ブログランキングに参加しています
 ポチッとよろしくお願いします!

   

ページトップへ

任天堂オンライン

今月のWii・3DS発売ソフト

 今月は発売ソフトが多いので、注目作のみを紹介したいと思います。

 まず、3DSソフトで今月一番の注目作は、先日発売された「マリオカート7」です。シリーズ7作品目となる今作では、ハンググライダーによる空中滑空やモーター運転での水中走行が可能となっています。また、通信機能も大幅に強化されています。

 2番目は12月10日発売の「モンスターハンター3G」です。この作品は、Wiiで発売された「モンスターハンター3」に新しい武器や新モンスターを加えた強化版です。水中戦が大きな特徴です。

 3番目は12月15日発売の「イナズマイレブンGO シャイン/ダーク」です。こちらは、人気サッカーゲームの最新作です。
 その他、12月22日には「SDガンダム GGENERATION 3D」も発売されます。

 一方Wiiでの注目作は、一番目が12月8日発売の「マリオ&ソニック AT ロンドンオリンピック」です。2012年開催のロンドンオリンピックを舞台に、「マリオ」と「ソニック」が21種目の競技で競い合います。

 2番目が先日発売された「いただきストリートWii」です。本作は、「ドラクエ」と「マリオ」の登場キャラクターによるコラボレーション作品です。気軽に遊べる内容と戦略性の高さから、多くのファンに愛されているすごろく型ボードゲームのシリーズ最新作です。

 3番目は12月22日発売の「イナズマイレブン ストライカーズ 2012エクストリーム」です。こちらは、今年7月16日に発売された「イナズマイレブン ストライカーズ」に新要素を加えた強化版となっています。

 今月はクリスマスがあるので、いつもよりソフトラインナップが充実しています。特に3DSは大人気ソフトををそろえてきた印象です。
 ちなみに私は、今月発売ソフトでは「マリオカート7」「モンハン3G」「いただきストリートWii」を購入予定です。

MarioC2.jpg MH3G.jpg MSO1.jpg itasuto1.jpg

ブログランキングに参加しています
 ポチッとよろしくお願いします!

   

ページトップへ

(売上)「ゼルダの伝説スカイウォードソード」初週で約20万本

zelda25th_03_1920_1200.jpg

 
 メディアクリエイトによると、任天堂より11月23日に発売されたWiiソフト「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」の初週での販売本数は、19万4978本だったことが明らかになりました。先週の売上ランキングでは、見事1位を獲得しています。

 「ゼルダの伝説 スカイウォードソードはゼルダの伝説生誕25周年記念作品として発売されました。私も、現在約10時間ほどプレイしたので、少しだけ感想を書いておきます。

 物語は騎士団学校に通うリンクが、進級するために受ける試験「鳥乗りの儀」に参加するところから始まります。ここではリンクやゼルダ、学校の仲間との人間関係をイベントを通じて知ることができます。個性豊かな登場キャラクターとの会話は非常にセンスがあり、見ているだけで面白いです。

 物語を進めていくと地上に降り立つことができ、多くの魔物と対峙することになります。本作の特徴であるWiiモーションプラスを使った操作は、手首のひねりやリモコンの角度を感知するため、慣れるまでは難しいです。敵の構えにより縦切り、横切り、突きを使い分けなければ、逆にカウンター攻撃を受けてしまいます。始めからハート6つで始まりますが、油断しているとあっという間にゲームオーバーになってしまいます。

 物語の世界観はいつもより明るめです。天空、地上ともに夢があり、神秘的な空気に包まれています。また、「トワイライトプリンセス」や「ムジュラの仮面」に登場した変身アクションなどは今作にはなく、純粋にゼルダの世界を堪能できます。ただし、地形は複雑で作り込まれており、方向音痴な私は迷うことがしばしばありました。また、一つ目のダンジョンまでクリアしましたが、ダンジョン内の謎解きはヒントが少なく、はじめの仕掛けから考え込んでしまいました。

 私の総評としては、世界観が素晴らしく、非常に新鮮な気持ちで楽しむことができました。難易度は前作より高めですが、頑張ればできる程度の丁度良さです。今作は、ゼルダ好きの方だけではなく、すべての人にお勧めできる内容です。ぜひ、興味のある方はやってみてください。

ブログランキングに参加しています
 ポチッとよろしくお願いします!

   

ページトップへ
ブログランキング
ランキングに参加しています。 押してもらえると嬉しいです!
プロフィール

かじゅまる

Author:かじゅまる
ゲーム歴15年の大学生です。任天堂のゲーム情報を中心に記事にしています。ブロとも、相互リンク大歓迎です!

ブログの更新は週1回ぐらいです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめゲームソフト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。